忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ╋■╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■╋■╋ スポットライト・コラム
    ╋■╋       人事は棺を蓋うて定まる
    ■╋             ―4月新刊『追悼記事索引 1991-2005』
    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     中国の古くからのことわざに「蓋棺事定」(がいかんじてい)という
     のがある。「蓋棺論定」ともいい、一個の人間の是非善悪や価値は、
     亡くなって初めて明らかになるという意味。唐代の詩人・杜甫がその
     書簡の中で繰り返し使ったそうである。

     人の死にあたって、故人の業績や人柄を偲び、あらためてその生涯を
     総括するというのは自然な行為であろう。著名人の場合は、新聞・雑
     誌に追悼記事や特集記事が組まれることが多い。同時代の関係者によ
     って書かれた追悼記事は、故人の生き様を生き生きと物語る、貴重な
     「人物情報源」である。特に物故直後に出た記事は生前の評価を知る
     唯一の資料となるケースも少なくないという。

     本書は、過去15年間に物故した約5,700名の追悼記事(没後3年以内)
     の情報を集め、故人名の50音順に排列した総索引だ。各記事の執筆者
     名からも引くことができる。概ね1910年代に生を受け、高度経済成長
     期から安定成長期に至る日本社会を担った各界のキーパーソンを幅広
     くカバーしている。

     まだ市場に出回っていない新刊本の「版下」にいち早く目を通すこと
     ができるのは、出版社勤めの役得。早速、編集局から拝借した大事な
     版下をつらつらと眺めてみると、作家、政治家、思想家、経済人、芸
     術家、芸能人、アスリートなどなど、収録対象は思いの外、バラエテ
     ィに富んでいる。

     たとえば、紀州熊野(和歌山県新宮市)出身の芥川賞作家、中上健次。
     1992年に46歳の若さで亡くなっている。『追悼記事索引 1991-2005』
     を開くと、「中上健次」の見出しの下には実に130名以上の人々が書い
     た追悼記事の情報がぶら下がっている。各タイトルを追うだけでも記
     事の中身をある程度、伺い知ることができるので、文献調査の有力な
     足掛かりとなるだろう。また、地方紙までちゃんと目配りが利いてい
     る。

     《井口 時男》
     ◇中上健次が遺したもの―80年代の意味問う/言葉の「貧しさ」あら
      わに 「西日本新聞」 1993.10.7朝 p19
     《尹 興吉》
     ◇童心と魔性―中上健次のこと 「新潮」90(3) 1993.3 p236~242
     《梅原 猛》
     ◇中上健次の死―果たせなかった熊野対談、霊は人の魂を魅惑し続け
      る(思うままに) 「中日新聞」 1992.8.24夕 p9
     《島田 雅彦》
     ◇追悼中上健次―地の果ての「王」最後の作家 「週刊朝日」97(35)
      1992.8.28 p34~36
     《立松 和平》
     ◇「無人の野を独りで歩いていたあいつ」―前夜までペン、壮絶な中
      上健次の死 「アサヒグラフ」 3665号 1992.8.28 p20
     《蓮実 重彦》
     ◇‘92文芸時評―中上健次の死は、無慈悲なまでに抽象的である(追
      悼 中上健次〈特集〉) 「文藝」31(4) 1992.11 p224~231
     《ビートたけし》
     ◇中上健次は“最後の小説家”だったぜ(たけしの場外乱闘〔44〕)
      「週刊文春」34(34) 1992.9.10 p56
     《都 はるみ》
     ◇中上健次さん「あなたは頼りになる兄でした」(付グラビア)(REQUI
      EM)「サンデー毎日」71(36) 1992.8.30 p31
     《安岡 章太郎》
     ◇中上、いま死なれたらたまらんよ(付グラビア)(追悼特集・46歳
      の夏、中上健次逝く) 「週刊ポスト」24(34) 1992.9.4 p52~55
     《吉本 隆明》
     ◇比類のない文学思想―中上健次氏を悼む 「京都新聞」 1992.8.13
      朝 p14

          <『追悼記事索引 1991-2005』本文よりランダムに抜粋>

     本書を繙くと、どんな人が追悼記事を寄せているか、ざっと一覧でき
     るので、故人の交友関係が浮き彫りとなって興味深い。もうひとつ、
     「ジャイアント馬場」の項を見てみよう。阿川佐和子、アントニオ猪
     木、内館牧子、香山リカ、黒鉄ヒロシ、関根勤、馳星周、ビートたけ
     し、スタン・ハンセン、辺見庸、夢枕貘など、蒼々たる名前が並んで
     いる。熱烈な馬場ファンも多いようだ。中でも格闘技好きな私が個人
     的に気になったのは、以下の《無署名ほか》の記事である。

     ◇油絵と司馬遼太郎を愛したジャイアント馬場の「がん死」 「週刊
      文春」 41(6) 1999.2.11 p170~172

     簡潔な追悼記事には、故人の「人となり」がよく現れる。何だかプロ
     レスラー馬場の本当の素顔を垣間見る思いがするではないか。早速、
     日曜に図書館へ出掛けよう。

                                 (竹)

     『追悼記事索引 1991-2005』
      紀田順一郎〔監修〕 定価33,600円(本体32,000円) 2006.4刊
      日外アソシエーツ B5判 952頁 ISBN4-8169-1968-6

     【案内ページ】
      http://www.nichigai.co.jp/sales/tribute.html

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    32 あいさつ文 2006.4.17 HOME 31 あいさつ文 2006.4.3
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]