忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今年最後のレファクラ通信をお届けします。

    この一年を振り返ると、グーグル・ブック検索の集団訴訟問題が耳目を
    集めました。図書館に眠った書籍をデジタル化して再流通させようとい
    うのは、権利ビジネスである出版業界からは生まれ得なかった、ITベン
    チャー企業的発想です。「黒船」と言われる所以でしょう。そしてグー
    グルの恐るべきところは、2004年の図書館プロジェクト開始以来、僅か
    4年程で700万冊以上をデジタル化してしまったこと。夢のような途方も
    ない話が一気に現実味を帯びてきました。

    日本でも国立国会図書館を中心に書籍のデジタル化が少しずつ進められ
    てきましたが、今年度は何と、前年の100倍の予算126億円が計上され、
    6月の著作権法の改正で(国立国会図書館は)無許諾でデジタル化でき
    るようになりました(2010年1月1日施行)。グーグルの影響は絶大です。
    もっとも、新政権の事業仕分けで補正予算の見直しが入り、電子化予算
    の行方も不透明…外圧による変革は早々と失速気味かもしれません。

    現在、電子化する書籍を米・英・豪・加の4ヵ国の出版物に限定すると
    いうグーグル和解修正案が11月にニューヨーク連邦地裁で仮承認され、
    来年2月18日に最終承認のための公聴会が設定されています。日本の出
    版物は和解案の対象外となりますが、今後ともグーグルの動向から目が
    離せませんね。

    よいお年を。
                                 (竹)
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    R360ショップ<期間限定>セット商品割引セールのお知らせ HOME 図書館関連ニュース 2009.12.25
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]