忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     突如メキシコから豚インフルエンザ感染が伝えられました。21世紀初頭
     は「スペイン風邪」ならぬ「メキシコ風邪」が猛威を振るうのでしょう
     か。
     
     2008年11月、「Google Flu Trends」というサイトが公開されました。
     アメリカのインフルエンザの流行をキャッチする情報サイトです。

     http://www.google.org/flutrends/

     Google とインフルエンザ…一見、結びつかない意外な取り合わせです
     が、実は市場のトレンド解析と同じ手法が採られているそうです。

     つまり、検索サイトを使う人は何か知りたいことがあるわけで、インフ
     ルエンザに関わる検索ワードを Google の膨大な検索ログから割り出し、
     機械的に統計を採ることでアメリカの地域ごとのインフルエンザの流行
     状況をリアルタイムで把握できる仕組みです。

     この情報は早く、かなり正確なんだとか。今更ながら、Google に代わ
     る純国産の検索サービスがないことが残念です。
                                 (竹)
      *  *  *

     当メールマガジンはレファレンスクラブ会員・図書館関係者にお送り
     しています。図書館・出版関連の最新ニュースを、原則、月2回無料
     でお届けします。また、掲示板にレファレンスの質問の投稿が入った
     際に随時メールでお知らせします。

     「レファクラ通信」配信登録/解除窓口
      https://c11.future-shop.jp/fs/nichigai/MailMagazineEntry.html
     
     また、友人、知人、関係者にご入会希望の方がいらっしゃいましたら、
    reference-club@nichigai.co.jp」までご一報ください。

    ■□-------------------------------------------------------------
    □■ 井上真琴(大学コンソーシアム京都)さんの連載 第4回:
    □■「漢和(漢字)辞典の使い道を教えてくれた、懐かしい学習参考書」
    ■□-------------------------------------------------------------

     「“お見逸れ”ってどう読む?」と隣の同僚。カン(勘)ピューター
     に頼るもよし、検索エンジンを使うもよし。だが、それでは応用力は
     望めない。「逸」の読(訓)みに確信が持てない場合、「逸」を含む
     熟語をできるだけ多く想起するのが賢明策だ。《逸品》《逸材》。
     う~ん、ダメ。他には……《後逸》。不意にプロ野球の実況中継、
     「ああっ、センター・松井、ボールを後逸!」と絶叫する声が頭に甦る。
     「後」ろに「逸(そ)」らすか。ならば、“おみそれ”と読めばよい。…

     ※以下で全文を読むことができます。

     http://www.reference-net.jp/column/index.html
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    新企画「WANTED!―レファレンス難問に懸賞! 奮ってご応募ください」 HOME 図書館関連ニュース 2009.5.8
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]