忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    起業家というのは、凡人にはない独特の感性を持った、希有な人種では
    ないかと思います。当たり前のことを当たり前ととして見過ごさない、
    何かしらコダワリのある人間…幻冬舎社長の見城徹氏もその一人という
    気がします。

    ご存じの通り、幻冬舎は、角川書店の元・編集部長の見城氏が1993年、
    独立して起こした出版社です。今号のニュースでインタビュー記事を取
    り上げましたが、一代で立身した人の言葉はなかなか含蓄があります。

    『スムーズに進んだ仕事は疑え』と言う見城氏。仕事というのは本来、
    イバラの道を往くもので、「楽なところを往けば楽な結果しか出ない、
    表面的なことをやれば表面的な結果、小手先でやれば小手先の結果しか
    出ない。そんな仕事をただ時間だけをかけてやって、「仕事をした」と
    思ってしまうのが一番危ないこと」なんだとか。人が「無理だ、不可能
    だ、無謀だ」という難しい仕事を選んでやった方が「上手くいったとき
    に鮮やかだし、大きな収穫がある」と思っているそうです。(九州企業
    特報 2009.8.11 より/取材・文・構成:烏丸哲人)

    パイオニアとしての信条でしょう。信長の天下統一の前に立ちはだかっ
    た紀州雑賀鉄砲衆を率いる“尻啖え孫市”みたいですね。

                                 (竹)
      *  *  *

    当メールマガジンはレファレンスクラブ会員・図書館関係者にお送り
    しています。図書館・出版関連の最新ニュースを、原則、月2回無料
    でお届けします。また、掲示板にレファレンスの質問の投稿が入った
    際に随時メールでお知らせします。

    「レファクラ通信」配信登録/解除窓口
     https://c11.future-shop.jp/fs/nichigai/MailMagazineEntry.html

    また、友人、知人、関係者にご入会希望の方がいらっしゃいましたら、
    reference-club@nichigai.co.jp」までご一報ください。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    講演・セミナー 2009.8.4 HOME 図書館・出版関連ニュース 2009.8.14
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]