忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    アマゾンに載っている書籍を最寄りの図書館で予約する…そんな便利な
    機能をブラウザに追加することができます。以前、当メルマガのニュー
    ス記事でも取り上げましたが、Webブラウザの「Firefox」のアドオンと
    呼ばれる機能拡張「Greasemonkey」(任意のWebページ上で JavaScript
    を自動実行させるソフトウェア)用スクリプトの「Libron」(リブロン)
    です。

     http://libron.net/

    簡単にいうと、アマゾンの検索結果に、図書館の蔵書検索の結果をリン
    ク表示させるというもの。リブロンをインストールしたブラウザ上では
    アマゾンの書籍詳細ページの著者名の下に「○○図書館で予約」という
    リンクが表示されます。クリックすると指定の図書館 OPAC の検索結果
    画面につながり、その図書館システムに従って予約できる仕組みです。

    アマゾンと図書館を連携させるユーザースクリプトは他にもいろいろと
    出回っています。Bibliwo(ビブリヲ)なんかも有名ですね。しかし、
    実際にリブロンをインストールしてみると、アマゾンで探して図書館で
    借りる…というシームレスな連携が便利ですね。こういうのもマッシュ
    アップと呼ぶのでしょうか!?

                                 (竹)

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    2010年4月の新刊情報 HOME 図書館関係ニュース 2010.3.23
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]