忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    3/10オープンの日本最大の図書館蔵書検索サイト「カーリル」、評判が
    いいみたいですね。わかりやすい斬新なインタフェースで全国4300館以
    上の公共図書館の蔵書を横断検索(3館まで選択可)でき、予約も可能。
    ちなみに「カーリル」という名称は「借りる」から作った造語だとか。

      http://calil.jp/

    システムは、米 Nota 社の CEO でソフトウェア作家の洛西一周(らく
    さいいっしゅう)氏らが共同開発したもの。民間から突然、このような
    無償の OPAC 横断検索システムが現れるとは驚きです。

    国立国会図書館の「カレントアウェアネス-E No.168」(2010.3.24)の
    インタビュー記事によると、「図書館の価値を再発見」というコンセプ
    トの下、構想に1か月、開発に1か月、開発人数4人(20代中心)でカー
    リルを仕上げ、かかったコストはわずか廉価サーバー数台分。ASP サー
    ビスでアマゾンの書籍データベースを上手く使い、現在のところ、収入
    源はアマゾンのアフィリエイトのみとのこと。

      http://current.ndl.go.jp/e1035

    短期間にこれだけのWebサービスを作ってしまうとは…。この機動力、
    チームワーク、技術力は、図抜けてますね。

                                 (竹)

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    井上ひさしさんの蔵書から図書館ができるまで…『遅筆堂文庫物語』 HOME 図書館関係ニュース 2010.4.6
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]