忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ╋■╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ■╋■╋ スポットライト・コラム
    ╋■╋        地名にあたりをつける
    ■╋                『外国地名レファレンス事典』
    ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     先日読んだ本に『モーイラナの国立図書館に』という記述があり、
     モーイラナってどこだ?という疑問を持ちました。

     語感的にインドっぽさを感じます。アフリカかもしれません。

     「モーイラナ」でググりましたが、個人のブログが1件引っかかるだ
     けで、よくわかりません。
     次に「ネットで百科」で検索しましたが引っかかりませんでした。

     このときはこれであきらめたのですが、今回小社より「外国地名レ
     ファレンス事典」が出版されることを受け、再度調べてみました。

    ---------------------------------------------------
     モ・イ・ラナ Mo i Rana ノルウェーの都市名(日大22)
     (「外国地名レファレンス事典」より引用)
    ---------------------------------------------------

     ノルウェーの町とのこと。さらにモの後に音引き(ー)はありませ
     んでした。グーグルで引っかからないわけです。日本語表記にゆら
     ぎがある場合、ネットは弱いです。

     そこで(日大22)こと日本大百科全書の22巻をあたってみました。
     下記引用します。

     ---------------------------------------------------
     モ・イ・ラナ Mo i Rana
     ノルウェー西岸にあるラナ郡の中心都市。
     人口2万5317(2002)。北極圏のすぐ南のラナフィヨルドの湾奥に位
     置する。1955年に生産開始したノルウェー最大の国営製鉄所があり、
     数回に及ぶ設備拡張がなされ、銑鉄および鋼鉄をそれぞれ年間70万
     トン生産している。スウェーデンのウーメオとの間に道路が通じる。
     [竹内清文]
     (「日本大百科全書」22巻 小学館 より引用)
    ---------------------------------------------------

     記述は思ったより短いですが「そんなに大きな都市じゃない」とい
     うことはわかりました。

     さらに米Wikipediaで「Mo i Rana」を引いてみました。
     >Mo i Rana houses the National Library of Norway.
     とあるとおり、確かに国立図書館は建っているようです。

     それにしても、国立図書館を建てるのに、2万人の町「モ・イ・ラナ」
     がなぜ選ばれたのでしょうか。本館は首都オスロにあるようですが。

     今後はその謎を探るべく、関連文献に当たってみようと思っています。
                               (原沢)

     『外国地名レファレンス事典』
     ISBN 4-8169-1992-9
     本体価(税込):42,000円(44,100円)

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    39 あいさつ文 2006.8.1 HOME 38 あいさつ文 2006.7.19
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]