忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     ╋■╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ■╋■╋       レファレンスクラブ新企画
     ╋■╋   「公共図書館OPAC総合目録データベース」
     ■╋         アンケート結果について
     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     データベース企画アンケートにご協力いただき、有り難うございました。
    「定期的に貴館の OPAC の ISBN データをご提供願えますか? と訊か
     れても、私の一存では何とも答えようが…」と戸惑う方も多かったので
     は、と推察しています。

     ご回答の皆さまからは、具体的なご提案などもいただきました。以下、
     簡単にまとめてみました。

     「公共図書館 OPAC 総合目録データベース」は、現在、OPAC を公開中
     の公共図書館様から定期的に ISBN データのご提供を受け、小社の図書
     データベースに取り込んで書誌情報+所在情報を示すというシンプルな
     ものです。

     都道府県レベルでは「東京都内公立図書館横断検索」など、OPAC の横
     断検索システムの公開が進んでいますが、当企画の趣旨とは少し異なり
     ます。大学図書館を対象とした NACSIS Webcat(NII)のように、統一
     的な公共図書館の“総合目録”はまだありません。

     “総合目録データベース”は、参加館数が少ないと機能しませんので、
     多くの公共図書館の協賛が前提です。そもそもボトムアップ的手法で
     足並みを揃えるのは難しいのではないか、とのご意見がありました。

     そして、一番の問題は、“総合目録データベース”を検索して所在が
     わかった後の、次のステップ、即ち、ILL(相互貸借)です。

    「図書館法」第三条にある通り、ILL は図書館サービスの基本ですが、
     ILL にかかる流通経費の問題は小さくないようです。

    「公共図書館間資料相互貸借指針」によると、資料の送付に要する経費
     は、原則、借受館が負担するものだそうですが、現状、貸出時は貸出館、
     返却時は借受館の負担とするケースもあるようです。

     日図協は「図書館法の見直しにあたっての意見」(2007年10月2日)の
     中で以下のように指摘しています。

    >  利用者の多様な資料、情報の要求は、図書館間の資料の相互貸借を
    > 増大させている。このための流通経費は年々増大しているが、厳しい
    > 地方財政により相互貸借を規制しているところも少なくない。利用者
    > に負担を求めることは無料利用の原則に触れることであり、合理的な
    > 仕組みをつくる必要がある。

    >  特に県を越えた図書館の相互貸借については、所蔵資料のデータの
    > 公開・共有化が進められ、連携協力が必要となっている今日、国レベ
    > ルでの仕組みづくり、施策の実施が必要である。

     ある図書館からは、こういうご意見が寄せられました。「公共図書館
     OPAC 総合目録データベース」は、参加館の相互貸借ネットワークづく
     りも含めて考えないと、成立しないのではないかと。
     
     同館では、基本的に貸出時は“着払い”、返却時には“発払い”であ
     れば、全国どこからでも貸出対応可能とのこと。

     その相互貸借の送料をレファレンスクラブ、または、そのスポンサー
     企業などの広告収入によって賄えないだろうか、というご提案です。

     データベースを中心とした巨大な公共図書館協力ネットワークの構築
     は、まさに“レファレンスクラブ”の名に相応しい壮大な計画です。

     皆さまのご意見、ご感想をお待ちしています。

                         (ネット販促課・竹村)

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    図書館関連ニュース 2009.2.3 HOME ごあいさつ 2009.1.15
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]