忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     ╋■╋■╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ■╋■╋       レファレンスクラブ新企画
     ╋■╋   「公共図書館OPAC総合目録データベース」
     ■╋   (その3:NDL総合目録ネットワークゆにかねっと)
     ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     前号で「NACSIS Webcat(NII)のように、統一的な公共図書館の“総合
     目録”はまだありません。」と書いたところ、国立国会図書館関西館の
     方からメールをいただきました。

     国立国会図書館では、公共図書館を対象にした総合目録ネットワークシ
     ステム「ゆにかねっと」を運用中とのこと。その目的は、公共図書館に
     おける資料の共有化と、県域を越える全国的な図書館相互貸借等を支援
     することだそうです。

     http://www.ndl.go.jp/jp/library/backlist_network.html

     2008年3月末現在、「ゆにかねっと」の参加館は1,070館に及びます。日
     本全国書誌(JAPAN/MARC)を基盤とし、参加館のうち、国立国会図書館、
     都道府県立図書館および政令指定都市立図書館(中央館)61館から書誌・
     所在データの提供を受けてマッチングさせているようです。

    「ゆにかねっと」は、資料の貸出依頼を電子メールやFAXで送信するため
     の相互貸借支援機能を備えているようですが、国立国会図書館によると
     相互貸借の基本ルールとして、自館にない図書の貸出を依頼する順序は
     次の通りだそうです。

     1) 都道府県内の公共図書館
          ↓
     2) 所属地区ブロック内の公共図書館
      (北日本/関東/東海・北陸/近畿/中国/四国/九州)
          ↓
     3) 所属地区ブロック外の公共図書館
          ↓
     4) 国立国会図書館

     現状、圧倒的に多い 1) の相互貸借の場合、県域または地域の総合目録
     ネットワーク(OPAC横断検索など)がカバーし、県外の所蔵情報の調査
     や相互貸借の依頼に「ゆにかねっと」を、という棲み分けなのでしょう。

      *  *  *

     一方、「公共図書館OPAC総合目録データベース」の方は、データ提供館
     を大図書館に限定せずに、OPAC を公開している全国の公共図書館1,083
     館(市町村立を含める)を対象として考えています。

    【公共図書館Webサイトのサービス(日図協)】
      http://www.jla.or.jp/link/public2.html

     発端は、レファレンスクラブの掲示板に入った「ある資料(報告書)を
     探している」との質問でした。WebcatPlus でも NDL-OPAC でも(そし
     てNDL「ゆにかねっと」でも)ヒットしましせんでしたが、掲示板を見
     た、地方のある館の方が「うちが所蔵しているよ」と手を挙げてくださ
     いました。同館の OPAC で検索すると確かにヒットします。

     せっかく各図書館が OPAC を用意しているにも関わらず、その所在が
     わからないというジレンマ。そこで、自社の図書データベースを基盤
     に OPAC 公開館の情報を束ねて、大きな総合目録データベースができ
     ないだろうかと考えたわけです。

     単純に ISBN 等でマッチングさせて“所蔵館名”を取り込むという集
     中型データベースであれば、比較的実現性は高いと思われます。横断
     検索型のように検索館数が増えるにつれ、レスポンスが低下すること
     もありません。

     しかしながら、アンケート結果にもあった通り、検索して所蔵館がわ
     かった後、必要な図書を取り寄せたいというニーズへの対応が大きな
     課題として残ります。

     厳しい財政事情の中、図書館の資料購入費も抑えられると、益々公共
     図書館間の「相互貸借」ネットワークへのニーズは高まってきている
     と思われます。悩ましい問題ですね。

                         (ネット販促課・竹村)
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    図書館関連ニュース 2009.2.17 HOME ごあいさつ 2009.2.3
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]