忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    4月9日、作家の井上ひさしさんが鎌倉市のご自宅で逝去されました。謹
    んでご冥福をお祈りします。実は小社から、井上さんと図書館にまつわ
    る単行本が一冊出ております。遠藤征広著『遅筆堂文庫物語―小さな町
    に大きな図書館と劇場ができあがるまで』です。

    本の蒐集が趣味という井上ひさしさん。蔵書の重みで家の床が抜けたと
    いう仰天エピソードもあるほどですが、本書は、その膨大な蔵書が生ま
    れ故郷の山形県川西町に寄贈され、1987年「遅筆堂文庫」という町の図
    書館(1994年「川西フレンドリープラザ」内へ移転)が誕生する軌跡を
    当事者が描いたドキュメンタリーです。その後も本の寄贈は続き、2010
    年現在、所蔵数はなんと22万冊に及ぶそうです。

     川西フレンドリープラザ「遅筆堂文庫」:
     http://www.plaza-books.jp/

    「遅筆堂」とは、自他ともに認める遅筆で有名な井上さんの自嘲的雅号。
    「丹念に資料を読み込み、膨大な資料にあたり、納得できる作品を生み
    出そうとすると筆が進まず…」と書かれています。

    特筆すべきは、企画からこの大事業の核になって頑張り通したのが、地
    元の無名のボランティアの若者たちだったこと。全ては若者の一途な情
    熱に端を発しました。

    著者の遠藤さんは、井上ひさしさんと同郷(川西町)。高校生の頃から
    大の井上ファンで、故郷で「井上ひさし講演会」を開きたい、という気
    持ちが高まり、地元の仲間と相談し、思案の末、半年かかって一通の長
    い手紙を書きます。「いかに井上ひさし様が好きか」を熱烈にアピール
    し、講演会を開きたいこと、でも、お金がないこと、そして「ふるさと
    川西町は嫌いですか」という挑発的な問いかけを盛り込んだそうです。

    5日後、作家から思いがけない返事が届きます。「小生が『羽前小松』
    (現川西町)を嫌っているなどは、ひどいデマです。」と書かれてあり
    ました。井上ひさしさんの郷土愛に訴えた作戦が見事に功を奏したよう
    です。1982年講演会は実現し、ここから作家と遠藤さんら地元の有志の
    青年たちとの交流が始まります。続きは本で。

      *  *  *

    「遅筆堂文庫」で面白いのは、本の分類がひと味違うところです。本書
    によると、司書資格を持ったスタッフの一人は「日本十進分類法」(NDC)
    がよいと主張しますが、「漠然とNDCは違う」と感じた遠藤さんは「作
    家のこだわりと本の分類は一致するのではないか」という仮説を立て、
    独自の分類方法で棚を構成します。個人の蔵書のみで作られた図書館な
    らではの発想ですね。

    たとえば、「E」は井上さんが選考委員を務める文学賞選考本だったり、
    「R」は執筆した作品ごとの参考文献であったり…。この分類表は172頁
    に出ています。そして、一部の本に書き込まれた赤線や付箋のメモは、
    そのままの状態で残してあるそうです。「遅筆堂文庫」の棚を眺めた
    来館者の、「大好きな井上ひさしの脳内を浮遊している気分」(p146)
    という感想が印象的です。

    『遅筆堂文庫物語―小さな町に大きな図書館と劇場ができあがるまで』
      遠藤征広〔著〕 B6・240頁 1998.6刊
      定価1,470円(本体1,400円) ISBN 4-8169-1496-X

    なお、『遅筆堂文庫物語』の社内在庫分は、小社の総発売元・紀伊國屋
    書店に出荷しています。ご希望の方は、そちらからお求めください。

     紀伊國屋書店 BOOKWEB:
     http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%92%78%95%4D%93%B0%95%B6%8C%C9%95%A8%8C%EA

                                 (竹)

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    図書館の移転・新設 2010.4.26 HOME ごあいさつ 2010.4.6
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]