忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    1982年に刊行が始まった小社・人物書誌大系シリーズも41巻目を迎え、
    装丁が一新されました。人物書誌大系とは、特定の個人に関する年譜+
    著作目録+参考文献目録の三部で構成される“個人書誌”の集大成シリ
    ーズ。ある人物が書いたものを探す場合と、ある人物に関する文献を探
    す場合の両方に対応しています。

    その最新刊の対象人物は、徹底した史料収集と綿密な現地取材に基づい
    た記録文学・歴史小説の名手「吉村昭」です。

    編者の木村暢男(きむらのぶお)氏は、吉村昭研究会会長。定年後、吉
    村昭に関する資料・著作の整理・研究に専念し、2000年~2006年まで毎
    年『吉村昭年譜』(私家版)を増補・改訂してきました。本書は、吉村
    昭の作品・エッセイ・対談など全著作(単行本未収録も含む)と、研究
    文献・記事・文庫解説などを網羅した、初の本格的書誌です。

    ここで『うなぎ』(今村昌平監督)として映画化された短編「闇にひら
    めく」を引いてみましょう。映画は原作とは大分違う設定ですが、1997
    年カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞しています。

    > 741 闇にひらめく
    >   ◎S53.7 「小説新潮」
    >   (収)H1.1 『海馬』新潮社
    >   *H2.1.14 「日曜名作座」NHKラジオ第1
    >   *H4.6 『海馬』新潮文庫
    >   *H9.5 原作の映画『うなぎ』がカンヌ国際映画祭で大賞を受賞
    >   *H9.5 ビデオ1巻 117分 ケイエスエス
    >   *H13.8 米国版ビデオ“EEL”

                      「II 著書・作品」p99より抜粋

    > 695 吉村 昭著 海馬(トド) 動物に映す人間の生
    >   ◎H1.2.12 「朝日新聞」書評
    >   *高橋英夫⇒『海馬』「海馬」「鴨」「闇にひらめく」「研がれ
    >    角」「螢の舞い」「銃を置く」「凍った眼」
    >   *H12.7 『小説は玻璃の輝き』高橋英夫著 翰林書房

                   「IV 書評・関連記事」p317より抜粋

    > 1166 吉村昭とその作品
    >   ◎H11.3 『この時代小説がおもしろい』櫻井秀勲著 編書房

                   「IV 書評・関連記事」p352より抜粋

    「闇にひらめく」の初出は昭和53年7月の「小説新潮」、初収録単行本
    は平成1年1月の『海馬』で、その後、文庫化されています。◎印は、編
    者が確認したことを示します。映画の前にラジオドラマ化されたことが
    あったんですね。また、高橋英夫氏や櫻井秀勲氏の書評・関連記事が出
    ていることがわかります。

    個人書誌をまとめ上げるには、大変な時間と労力、並々ならぬ情熱と根
    気が必要です。夫人の津田節子氏の序文によると「夫、吉村昭は、木村
    暢男氏が編まれた年譜が送られてきた時、初めは気味悪がっていた」ほ
    ど。本人がまったく忘れてしまっているものまで拾い上げられていて、
    その克明、詳細、正確なことに驚いていたそうです。

    吉村昭に関する資料を網羅的に調べたい時など、本書をご活用ください。

    そういえば、余談ですが、今秋、吉村昭原作の映画『桜田門外ノ変』が
    水戸藩開藩四百年を記念して公開されるみたいですね。

       「人物書誌大系 41 吉村昭」
         木村暢男〔編〕
         A5・470p 2010.3刊 定価19,110円(本体18,200円)
         ISBN:978-4-8169-2240-4
    http://www.nichigai.co.jp/cgi-bin/nga_search.cgi?KIND=BOOK1&ID=A2240

                                 (竹)

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    図書館の移転・新設 2010.3.23 HOME ごあいさつ 2010.3.5
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]