忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    長引く不況の中、有志の公共図書館がハローワーク等と連携して就活や
    生活支援などに取り組み始めました。所謂、「図書館海援隊」プロジェ
    クトです。文科省のサイトによると、2月8日現在、参加館は15館。もっ
    と支援活動の輪を広げたい意向だそうです。

     http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/kaientai/1290067.htm

    昨夏、第1回ARGフォーラムで、パネラーの橋本大也氏が唱えていた「教
    会としての物理的図書館」という言葉が思い起こされます。地域の教会
    の集会所がマイノリティや弱者にとって、一種のシェルターの役割を果
    たしているように、万人を迎え入れる図書館も「情報による救済と癒し
    の場」であってほしいというもの。電子図書館の時代にあっても、“居
    場所”としての図書館のニーズは少なくないですね。

                                 (竹)

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    個人研究の基礎ツール…人物書誌大系シリーズ最新刊「吉村昭」 HOME 図書館関係ニュース 2010.3.5
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]