忍者ブログ
「レファクラ通信」(1日配信)のバックナンバー記事です。原則として、各記事は配信当時の内容です。リンク切れなど、予めご了承ください。 「レファクラ通信」の配信を希望される方は、事前に会員登録をお願いいたします。 レファレンスクラブの会員登録/退会は自由です(無料)。お名前と所属機関名、「会員希望」または「退会希望」と書いて reference-club@nichigai.co.jp までメールをお送りください。       
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 最新CM
    [06/22 竹村@レファクラ事務局]
    [06/22 onsendaisuki88]
    バーコード
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    カウンター
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    http://www.reference-net.jp/
    └──────────────────────────────
     日外アソシエーツの竹村です。

     先日、都内某所で“Google ブック検索”の説明会に参加しました。
     ご存知の方も多いかと思いますが、米国に倣い、日本でも Google が
     新たに始めようとしている書籍の内容の全文検索で、6月より出版社の
     参加を呼びかけています。

     Google の企業理念は「世界中の情報を組織化し、広くアクセス可能に
     して有益なものとする」ことだそうです。自らコンテンツを作らず、
     所有せず、ユーザーとコンテンツを“つなぐ”役割に徹するとのこと。
     出版社側の負担はただ Google(国内)に本を送るだけで済み、デジ
     タル化(検索用全文テキスト+表示用PDF)、データベース登録の費用
     等は全部 Google 側が持つそうです。

     オンライン・コンテンツ同様、オフライン・コンテンツ(書籍)をも
     検索対象に含めてしまおうという Google の壮大なビジョンに圧倒さ
     れました。著作権など色々な問題を抱えており、なかなか青写真通り
     には行かないでしょうが、ともかく走り出すパワーがスゴイ! 一利
     用者の立場から、書籍の全文検索が実現すれば、図書館レファレンス
     の世界も劇的に変わるような気がします。どうなりますやら、Google
     の動向から目が離せません。

      【Google ブック検索】
       http://books.google.co.jp/

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    42 スポットライト 2006.9.15 HOME 41 スポットライト 2006.9.1
    Copyright © レファレンスクラブ 「レファクラ通信」ブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]